歯科医師会入会。金銭面で見るとどう?

歯科医師会入会の経済学

学術研鑚など、歯科医師会に入会する金銭面だけでは測れないメリットがありますが、経済的な側面からだけで見ても、決して負の面ばかりではありません。
例えば……

東京都千代田区麹町会員の場合
東京都千代田区麹町会員の場合

◎会費(246,000円)+保険料(156,000円)=402,000円

35歳から35年間支払うとして…

支出合計は入会金(170,000円)+{会費+保険料(402,000円)}×35(年)
=14,240,000円

収入合計は死亡共済保険金または障害退会共済保険金
6,000,000円(日本歯科医師会)+1,000,000円(東京都歯科医師会) +600,000円(麹町歯科医師会)
=7,600,000円

学校歯科医
40,000円×12ヵ月×10年=4,800,000円

区民歯科検診事業
5,000円×30名×30年=4,500,000円

千代田区・東京都・委員、歯科医師会、連盟の費用弁償
100,000円×10年=1,000,000円
17,900,000円

※収入合計−支出合計=3,660,000円

Related Post

今、歯科保健医療は変わる

障害などで診療できなくなったら?

歯科医師だからこそできる仕事(新入会員の声)