心配事は歯科医師会で解消(新入会員の声)

新入会員の声

大学病院で10年程口腔外科勤務医として従事した後、平成24年9月に地元の神奈川県で開業しました。同門生も少なく開業後の保険請求等のルールも詳しくなかったために、開業当初は不安いっぱいでした。そんな心配を全部払拭してくれたのが歯科医師会です。

入会は開業1ヶ月後に茅ヶ崎市歯科医師会へ、さらに1ヶ月後に神奈川県歯科医師会と日本歯科医師会へ入会しました。いまは茅ヶ崎市歯科医師会で公衆衛生委員会と広報委員会に参加させて頂いており、九州の大学出身の縁で九州歯科大学神奈川同窓会へも呼んで頂いています。

会の皆さんはとても親切で、診療のことから経営のあり方についても親身になって相談に乗って頂いています。些細なことまで教えて頂ける歯科医師会の存在は、日々の診療で何よりも心強いことだと思います。

飛田 尚慶 先生

平成9年長崎大学歯学部卒、平成12年長崎大学大学院歯学研究科卒。同年長崎大学歯学部口腔外科学第二講座勤務。平成22年福井大学医学部附属病院歯科口腔外科講師、平成24年長崎大学病院顎口腔再生外科講師を経て、平成26年9月開業。

(日本歯科医師会:together!!2.2015年8月発行.より)

Related Post

GReeeeN制作の楽曲をホームページで限定配信(広報)

院内感染予防対策と医療事故調査制度により取り組む(医療管理/財務)

世界会議2015―健康寿命延伸のための 歯科医療・口腔保健―からステップアップ(学術)