歯科医師として新たな一歩(新入会者の声)

新入会員の声

平成27年5月、愛知県名古屋市で開業し、迷いはありましたが、同時に歯科医師会に入会しました。私にとっては地元でもない場所での開業は不安でいっぱいでしたが、入会により診療に直結する学術講演会への参加資格だけでなく、地区をはじめ歯科医師会の先生方には保険請求や医療管理に関する実務面は勿論、診療姿勢、大袈裟かもしれませんが人生哲学といったものを親身になって教えていただける機会に恵まれ、今更ながら入会の恩恵を実感しています。

また、入会後間もなく、愛知県歯科医師会の青年委員会に所属するご縁を頂戴し、新たに同世代の多くの先生と交流することで、今までの自分とは全く違う視点からの意見を聞くことができ、自身の肥やしとしております。

まだまだ未熟ですが、今後も地域医療、歯科医師会に少しでも貢献できるよう日々精進していきたいと思っております。

中野 真 先生

中野 真 先生

平成16年松本歯科大学卒。平成17年愛知学院大学歯学部附属病院にて研修終了。その後開業医勤務を経て平成27年開業。

(日本歯科医師会:together!!3.2016年3月発行.より)

Related Post

万一の時に会員をサポート日歯福祉共済保険制度(厚生会員)

被災した住民と会員への迅速かつ効率良い支援へ(総務)

健康長寿社会を支えるための学術情報の発信(学術)