健康長寿社会を支えるための学術情報の発信(学術)

by together!!編集部 日歯の活動 2017年8月14日
各研修教材

私たち歯科医師には、国民に安心安全の歯科医療の提供はもちろん、超高齢社会下でのQOL向上に向けたサポートが求められています。歯科医療現場でも、これまでの専門性の高い歯科治療から、高齢者特有の身体特性や緊急時の対応、咬合管理まで求められ、地域包括医療の中で歯科医師の役割も、益々重要度が高まっています。

日本歯科医師会では、歯科医師が生涯にわたって研鑽を積むことを推奨し、最新の歯科医療と社会情勢に応じた学術情報の発信、WEBを利用したEシステムからのe-learning、学術講演を収録したDVD映像の提供、『日本歯科医師会雑誌』における最新のトピックスからエビデンスに基づく診療指針の掲載、また、日歯生涯研修セミナーとして全国10か所で行う学術講演会の開催等を行っています。

日歯会員は必要な時にいつでも日常臨床に役立つ学術情報に接する機会が得られ、日々国民に信頼される医療を提供することができるのです。

(日本歯科医師会 : together!! 3. 2016年3月発行. より)

Related Post

万一の時に会員をサポート日歯福祉共済保険制度(厚生会員)

被災した住民と会員への迅速かつ効率良い支援へ(総務)

唐津東松浦歯科医師会(佐賀県)