歯科医療従事者等の人材確保


日歯事業紹介

歯科医療従事者等の人材確保



在宅歯科医療等における衛生士、技工士の人材確保は重要であり、既に国からの支援(地域医療介護総合確保基金等)を通じて人材確保、育成対策も行われています。

 

 日本歯科医師会では歯科衛生士復職支援対策連絡協議会、歯科技工士に関する意見交換会を開催し、将来、若い歯科医師の先生方が歯科診療所を開設する際に、質の高い歯科医療従事者の確保が困難な状況にならないよう、研修の充実等、歯科医療関係団体がネットワークをつくり円滑な人材確保ができるシステムの構築に向けた環境整備に努めています。

また中高生が歯科医療についてどのように捉えているのか、学校関係者等の意見を伺い、衛生士、技工士を魅力ある仕事として目指せるよう、広報の方法等を検討しています。

(日本歯科医師会:together!!4.2016年11月発行.より)

Related Post

日本歯科医師会に入会するには…

歯科医師会入会がもたらしてくれたもの

歯と口の健康づくりを通じた食育を推進